新着情報

お知らせ

受験生向け情報(新カリキュラム)について

2014年11月4日

経営学部では2015年度入学生より新カリキュラムを導入します。詳しくは下記画像(リーフレットpdfファイル)ならびに「よくある質問」をご覧下さい。

 

 

 

■新カリキュラムについてよくある質問

 

Q1:コース制とはどのようなものですか?
A1:経営学部では、「緩やかなコース制」と呼んでいます。
緩やかなコース制は、専門教育科目の体系や科目間の関係に基づいた学習を促すために設けられたものです。学生はコースを選択し、卒業までの4年間、コース科目群を計画的に履修することによって、コースの専門知識を体系的に学ぶことになります。
アルバイトやサークル、単位が取りやすいかどうかの判断に基づいて、科目を履修していくと、結局、学習する知識は断片的なものとなり、何も身に付きません。緩やかなコース制は、科目同士がどのような繋がりを持っているかを理解して、より専門的な学習が進められるよう工夫されたものです。
また、「緩やかな」との形容詞が付いているのは、コースに定員がなく、学生が自身の興味関心に基づいて、所属する部ならびに学科に設けられているコースを自由に選択できるとともに、年度の初めにコース変更が可能であるなど、学生の自主性を重んじた制度となっているためです。

 

Q2:選択できるコースを教えて下さい。
A2:以下のように、1部・2部および学科によって選択できるコースが異なります。学生は、所属する部ならびに学科に設けられているコースを自由に選択できます。

 

 <1部>
経営学科
組織・マネジメントコース
戦略・マーケティングコース

経営情報学科
会計・ファイナンスコース
情報・マネジメントコース
心理・人間行動コース

 

<2部>
経営学科
組織・マネジメントコース
戦略・マーケティングコース
心理・人間行動コース

 

なお、所属する部や学科に設置された以外のコースを選択したい場合は、別途、転部、転学科の手続きが必要となります。

 

Q3:コースに定員はありますか?
A3:学生の主体的かつ積極的な学びを重視して、コースに定員を設けてはいません。

 

Q4:コース選択はいつ行われますか?
A4:2年次開始時に希望するコースを選択します。
1年次には、学部で展開される各分野の導入科目を履修することによって、特に興味・関心のある分野を見つけ出して、コースとして選択することができるようになっています。
2年次には、学部で展開されている各分野の基幹科目を履修し、同時に選択したコース科目群を中心に、興味・関心のある科目を自由に履修することによって、経営学部生にふさわしい基礎的知識を全般的に身に付けてもらいます。

 

Q5:コースの変更は可能でしょうか?

A5:所属する部や学科に設置されたコースであれば、3・4年次の年度初めに変更することができます。ただ、各コースによって履修すべき科目構成が異なりますので、変更する場合は慎重に考えて決めることが必要です。

なお、所属する部や学科に設置された以外のコースに変更したい場合は、別途、転部、転学科の手続きが必要となります。

 

Q6:コースで履修する科目は制限されていますか? 例えば、組織・マネジメントコースを選択した場合、心理・人間行動コースの科目を履修できないのでしょうか?
A6:経営学部では、学科・コースを問わず原則全ての科目を履修することが可能です。ただし、科目によって履修条件(例えば、当該科目を履修するには、事前に履修しておくべき科目が指定されているなど)があります。「講義概要(シラバス)」をよく読んで、履修したい科目について確かめておくことが必要となります。

 

Q7:コースによって選択できる演習(ゼミ)は決められていますか?
A7:所属する学科、選択しているコースに関わらず、開講されているゼミであれば自由に選択することができます。例えば、心理・人間行動コースで心理学に関する学習を進めながら、その知識を将来に活かすためにマーケティングのゼミを履修することもできます。経営学部の自由な気風の中で、主体的かつ積極的に学んだことは、みなさんの将来に必ずプラスとなることでしょう。詳細はこちらをご覧下さい。

 

ゼミ紹介ページ

 

Q8:リーフレットにありますCSP(キャリアサポートプログラム)、海外総合実習・総合実践英語について教えて下さい。
A8:これらプログラムは経営学部独自の取り組みです。これらについては、下記Facebookを設置しておりますのでこちらをご覧いただきますようお願いいたします。HPでも今後の更新を予定します。

 

総合実践英語Facebook

CSP公式Facebook