学部の取組み

海外総合実習

海外で学ぶ、海外に学ぶ

日本とカナダの企業分析を題材として、英語力の育成だけでなく、経営学の専門知識の涵養、実務的なコミュニケーション能力の習得を目指したプログラムです。具体的には、①世界中の学生が集まる語学研修に参加し、多用な英語に触れる、②企業の比較分析をして、海外の企業文化に出会う、③企業の現場に足を運び、現地企業スタッフの前でプレゼンし、意見交換することで、実際に英語を使う経験をするといったことを行っていきます。

2016年度海外総合実習報告書(PDF)
プログラムの体系

海外総合実習は、第1学期の事前学習、夏休み中の実地研修、第2学期の事後学習の3つに分かれます。

事前学習(4月から7月)

実地研修での成果を向上させるための事前準備のフェーズ

1. 業界分析、企業分析とレポート作成(日本語)
2. レポートに基づいたプレゼンテーションの準備(英語)
3. 英語リスニング、スピーキング、ライティングのトレーニング

実地研修(9月上旬から3週間)

ブロック大学(カナダ国オンタリオ州セントキャサリンズ市)

事後学習(10月から11月)

実地研修の成果を確認し、次の目標に向け意識を高めるフェーズ

1. グループワークを通じた実地研修の成果の振り返り
2. プレゼンテーションやレポート作成による成果の確認

研修地について

ブロック大学
応用健康科学部、経営学部、教育学部、人文学部、数学科学部、社会科学部の6つの学部と大学院からなる州立の総合大学です。

学生数は約18,000人。カナダだけでなく、様々な国の留学生も数多く在籍しています。海外総合実習を履修する学生は主にESL(English as a Second Language)プログラムに参加しますが、メインキャンパスの図書館等各種施設の利用、課外プログラムの一部参加などが可能です。

オンタリオ州セントキャサリンズ市
セントキャサリンズ市はカナダ東部に位置し、トロントからバスで約1時間半、ナイアガラの滝からは約20分の場所にあります。ワイナリーが豊富で、周辺の主要産業のひとつになっています。滞在する9月の平均気温は約20度前後。治安は極めて良好です。

事前学習の内容・スケジュール
4月 オリエンテーション、英語課題開始
5月 カナダの地理、文化、産業
業界分析・企業分析の方法を学習
スライドづくり
6月 業界分析・企業分析
企業訪問x2
7月 企業レポート作成
プレゼンテーション準備
カナダ企業の研究
異文化コミュニケーションワークショップ
旅行会社主催のオリエンテーション
8月 結団式
実地研修の内容・スケジュール
1週目 出発・到着。ホームステイ開始
ESLオリエンテーション
ESL授業開始
ナイアガラの滝観光
2週目 ESL授業
企業訪問x2
市長訪問
トロント日帰り観光
3週目 ESL授業
様々なアクティビティ
修了式
帰国
カナダでの実地研修費用

約40万円
渡航費、授業料、ホームステイ(含3食)、バス定期券、旅行保険