学部の取組み

増地ゼミ

演習Ⅰ:18名,演習Ⅱ:18名,特別演習:18名

ゼミコンパ:有 合宿:有


教員イメージ
増地 あゆみ
(ますち あゆみ)
学習風景1

ゼミ活動では、グループワークを多く取り入れています。

学習風景2

担当科目:組織心理学
masuchi(at)ba.hokkai-s-u.ac.jp
※迷惑メール対策のため,メールアドレスの「@」を「(at)」に置き換えてあります。
教員によるゼミ紹介
 計画的に課題に取り組みたいがつい先延ばしにしてしまう,自分の時間を有効に使いたいが仕事の優先順位がうまくつけられない,目標に向かって努力を継続したいが途中で挫折してしまう,など「理想の自分」と「現在の自分」の間にあるギャップを埋め,目標達成できる力を身につけるために,関連する心理学の知見を学び,実践します。
 具体的には,行動を変容させるためのセルフマネジメントの理論,行動や感情に肯定的な影響を及ぼす認知(状況の捉え方)のあり方など自己コントロール力につながる心理学的研究の成果を学びます。この演習では,個人としての目標を明確に持ちながら,他者の視点やグループ活動における体験を有効に活用し,個々の力を高めることをねらいとします。
ゼミ風景
  • ゼミ風景1

  • ゼミ風景2

  • ゼミ風景3

  • ゼミ風景4

ゼミ生によるゼミ紹介
学生
竹内 文果

出身:東海大学付属第四高等学校
2012年度入学

 私たち増地ゼミを一言で表すと、「切り替え上手な賑やか集団」です。ゼミ生は総勢22名ですが、全体は一体感があり、全員にとって居心地の良い居場所となっています。これは、個々人が自覚をしっかり持った上で全体の向上を目指して様々な局面で行動しているからだと思います。また、増地先生の教育は、実際に体感し、そこから文献などで深く学んでいくという“実践的な教育”なので、学問と実践をつなげることが出来るという点でとても魅力的です。ゼミで出会えた先生や仲間とのつながりを大切に、ゼミⅡでも高い意識を持って研究に取り組みたいと思います。