学部の取組み

石井耕ゼミ

演習Ⅱ:4名

ゼミコンパは、2年生が成人年齢に達したら、開催予定です。合宿は予定していません。


教員イメージ
石井 耕
(いしい こう)
学習風景1

左が岩淵さん、右がヤン ティンさん

学習風景2

2016年度の予定は、 「戦後の日本経済」橋本寿朗 岩波新書 1995、 「高度成長」吉川洋 中公文庫 2012(もとは1997)、 「日本の近代 1955-1972 経済成長の果実」猪木武徳 中公文庫 2013(もとは2000) 、「新しい人事労務管理 第4版」佐藤博樹・藤村博之・八代充史 有斐閣 2011(初版1999) の4冊です。

担当科目:企業行動
kishii(at)econ.hokkai-s-u.ac.jp
※迷惑メール対策のため,メールアドレスの「@」を「(at)」に置き換えてあります。
教員によるゼミ紹介
「良い就職」をめざして、日本の企業行動、経営戦略、人事政策を研究します。基本は、本あるいは論文をしっかり読むことです。毎回、報告者は事前に報告レポートを作成します。その中には、質問・意見を必ず書かなければなりません。これまで、アジアに関する本を読んできましたが、2016年度は、「それでは、日本はどのように高度成長したのか」をテーマに読んでいきます。必要に応じて、DVDなども見ます。
ゼミ風景
  • ゼミ風景3

  • ゼミ風景4

ゼミ生によるゼミ紹介

経営学部・経営学科 岩渕詩央理 旭川西高 2013年度入学
 
 このゼミでは、先生より提示された本を読み、それをレポートにまとめて発表するという形式でおこなわれています。私はレポートを書くのが苦手なので、最初はできるか不安でしたが、回数を重ねれば自然に慣れ、自分なりに書いています。勉強していく中で必ず疑問や意見が出てきます。このゼミでは自分のどんな些細な疑問や質問も、先生が細かく教えてくれます。先生との会話が多いのがゼミの特徴です。分からない点をそのままにすることなく勉強でき、理解を深めることができるゼミです。

経営学部・経営学科 ヤンティン 2012年度入学

 私は中国からの留学生ヤンティンです。石井先生のゼミで、1年半勉強してきました。先生はとても優しくて、学期がはじまるときは、学生の興味があること、またはこれから勉強したいことを聞いて、本を選んでから、勉強は始まります。授業内容は自分で決めることで、ゼミの勉強はとても楽しいです。私は2年生の時にコンピューター&台湾企業の内容を習得しました。今は3年生になって、近代中国経済について勉強しています。