学部の取組み

田村ゼミ

演習Ⅰ:20名、演習Ⅱ:20名、特別演習:18名

懇親会は年2回+α。合宿は,ゼミ生の積極的な提案があれば,喜んでやります。


教員イメージ
田村 卓哉
(たむら たくや)
学習風景1

報告担当者が発表しているところ。1つの文献を,みんなで分担し,内容の要約,追加の説明,討論すべきポイントなどを提案します。このような文献講読の他に,特別な時間をとって,お互いに興味深い話題交換をする企画もあります。

学習風景2

担当科目:心的情報処理
tamtak(at)ba.hokkai-s-u.ac.jp
※迷惑メール対策のため,メールアドレスの「@」を「(at)」に置き換えてあります。
教員によるゼミ紹介
 田村ゼミは心理学系のゼミです。この数年は,私たちが意識することができない心的過程に焦点を当て,文献の講読と実験を行っています。無意識的な心は,行動を通じてしか知ることができません。したがって,様々な研究が,どのような問題関心から生まれたか,仮説を検証するためにどのような工夫がなされたか,研究結果からどのような結論を導き出せるか,などを読み取る作業を,みんなでするわけです。そこから,自分たちで確かめたい問題を見つけ,実際に実験や調査を計画・実施します。この数年は,記憶のエラー,単純提示効果などについて実験を行いました。同時に,楽しい企画,様々な講義についての情報交換,就職活動への準備などもします。
ゼミ風景
  • ゼミ風景1

  • ゼミ風景2

  • ゼミ風景3

  • ゼミ風景4

ゼミ生によるゼミ紹介
学生
阿部 知捺

釧路湖陵
2011年度入学

 私たちは「心的情報処理」をテーマとし,心理学について学んでいるゼミです。本を読み,パワーポイントにまとめて発表した後,意見を交換したり,映像を通して理解を深めたりします。また,「記憶の錯覚」と呼ばれる,確信度の高い記憶も時間の経過と共に塗り替えられてしまう現象について,自分達で質問内容を考え,実験を行いました。ゼミ内は仲が良く,いつも和やかな雰囲気で授業が行われます。私はこのゼミの活動を通して,普段の生活の中で経験される当たり前に感じていることも実は様々な現象に支えられているのだと実感しました。