学部の取組み

今野ゼミ

演習Ⅰ:15名 演習Ⅱ:12名 特別演習:13名

ゼミコンパ:あり、ゼミ合宿:あり


教員イメージ
今野 喜文
(こんの よしふみ)
学習風景1

理論とケースに基づいて、経営戦略を理解する事を重視しています。

学習風景2

担当科目:経営戦略・ベンチャー経営
konno(at)ba.hokkai-s-u.ac.jp
※迷惑メール対策のため,メールアドレスの「@」を「(at)」に置き換えてあります。
教員によるゼミ紹介
 今野ゼミの研究テーマは、経営戦略の観点から企業(大企業、中小・ベンチャー企業)の強さの秘密を探求することです。毎回のゼミは、経営戦略の理論研究だけではなく、企業のケース研究を取り入れながら進めています。このような学習の過程では、基礎的なマーケティングや会計の知識も必要となるため、経営戦略の知識だけではなく、関連する分野の知識も併せて学ぶことができます。
 今野ゼミでは「社会に出るまでに与えられた失敗の場」としてゼミを捉えています。このため、学生自身が失敗を恐れることなく積極的に発言し行動することを重視しています。「失敗の場」としてのゼミを自身の将来のために最大限に活かして欲しいと考えています。
ゼミ風景
  • ゼミ風景1

  • ゼミ風景2

  • ゼミ風景3

  • ゼミ風景4

ゼミ生によるゼミ紹介
学生
斉藤 健太

出身高校:札幌創成高校
入学:2015年度入学

 今野ゼミでは活動を進めていく上で2つの目的達成を目指しています。第1の目的は企業の経営戦略を理論とケースに基づき理解することです。経営戦略の知識を身につけることによって企業を分析するためのメガネ(見方・考え方)を持つことができるため、私たちが就職活動を進める際に、業界や企業を分析する上で役立つ力を身につけることができます。第2の目的はコミュニケーション能力を身につけることです。プレゼンテーションやディスカッションを通して、相手や全体を考慮した上で自分の意見をはっきりと伝える能力を身につけることができます。