教員紹介

教員紹介

組織・マネジメント
大平 義隆 教授
Ohira Yoshitaka
教員にメールを送信

大平 義隆
教育活動
担当科目(大学) 経営学概論Ⅰ・Ⅱ
担当科目(大学院) 経営組織論
サークル顧問
研究活動
研究テーマ 人間行動形成メカニズムと組織メカニズムの比較研究
教育・研究への取り組み 現在日米を軸にした、組織行動における社会的条件付けの影響を研究しているが、今後はアジア諸国との比較、欧州諸国との比較を行うことで、より一般性のある理論構築が可能と思われるので、共同研究の可能性を開拓していきたい。

学位および研究業績のページ

その他
お勧めの一冊 『欧米・対決社会でのビジネス』今北純一著
お勧めの作品 (映画)「ワーキング・ガール」
高校向け出前講義
「『自立』と『自律』の経営学」 自立とは、主に経済的な意味での独り立ちを意味しています。これに対して、自律とは、物事を判断するしっかりした独自の基準を持っていること、社会的にみて価値的な独り立ちをしていることを意味しています。これまでの社会は自立を促してはきたけれども自律を促してはいません。ならば、自分自身で何とかしてみましょう。
「『ソトもの、ワカもの、バカもの』が組織の未来を開く」 組織は進化することで環境の変化に対応してきました。上手に進化する組織には「3もの」がいます。まず、ソトとかワカとかバカとかは、それぞれ組織的にみた場合の意味を持った言葉です。次に3ものの「もの」とは、人の考えに重点を置いています。なぜ、そうなのか、ではどうすべきか、を考えてもらいます。